妊娠がわかり両親に報告、結婚式場探し、打ち合わせまでで2ヶ月程度ですと、妊娠4ヶ月から6ヶ月。ウェディングドレスが少しきついかもしれませんが、うまく調節ができれば大丈夫です。この2ヶ月の準備期間で、質の良いおめでた婚を行うことは十分可能です

おめでた婚 スケジュール

>>おめでた婚もオシャレな結婚式場が見つかる!!<<

↓↓おめでた婚専門スタッフが何でも相談に乗ります↓↓

おめでた婚で最初に行うこと

おめでた婚が上手くいくスケジュール!メニュー

おめでた婚で最初に行うこと

結婚する前の妊娠。
結婚式を挙げることになった場合、できちゃった婚、授かり婚、おめでた婚などの表現をされることになります。
結婚式場などでは、マタニティウェディングの表現もありますが、おめでたいことには違いありません。
ただ、普通の体ではないことで、結婚式場でも工夫しなければならないことがあります。

まず、結婚式場決定では、必ず会場に出かけていくことになります。
その時におめでた婚であることを必ず言うことが大切です。
中には、最初に行ったときには普通の結婚式の予定が、途中からおめでた婚になる場合もありますが、それはそれでWのおめでたです。

結婚式場では、担当者やプランナーが担当することになりますが、2人の要望はもちろんですが、注意しなくてはならないことなどのアドバイスもあります。
その上で、おめでた婚として、できることとできないことなどが分かりますが、体力の遣う演出、難しい段取り以外は問題ないことが多いです。

おめでた婚で結婚式場の配慮が嬉しいのは、妊婦への心遣いです。
打ち合わせのたびにブランケットが用意してあったり、言葉かけなどがあるのは嬉しいようです。
反対に極端な心配のし過ぎも困るものですが、何かあったときにも大丈夫ですという安心と保証があるのがおめでた婚としては最大の配慮です。

スケジュールに関しては、その結婚式場に決まってから具体的に進行していきます。
マタニティウェディングプランもありますが、独自の演出も対応でき、ウェディングドレスなども体型に合わせたものが揃っています。
まずは、結婚式場の決定が必要です。

時間が限られている中で結婚式の準備を進めて行く為に、式場探しはとても重要です!
ただ、今はハナユメ(旧すぐ婚ナビ)などが有るので、とてもスムーズに進むようになりました。
大幅値引きのプランも沢山有って、知らない人は損するので、見るだけ見た方が良いですよ。
 

>>おめでた婚もオシャレな結婚式場が見つかる!!<<

↓↓おめでた婚専門スタッフが何でも相談に乗ります↓↓

 

 

 

 

▲TOPにもどる


体調次第ですが、おめでた婚を勧める理由

妊娠が判明するのは、早い方で妊娠2ヶ月から4ヶ月程度です。
数え方としては、後7、8ヶ月後に出産の運びになります。
おめでた婚として理想なのは、妊娠5ヶ月前後ですが、体型としてはそろそろお腹が出てくる時です。
妊娠初期につわりもなく体調が良い、産婦人科医などの許可もあれば、早い時期の挙式がおすすめです。

ですから、妊娠がわかり、両親に報告、結婚式場探し、打ち合わせまでで2ヶ月程度ですと、妊娠4ヶ月から6ヶ月。
最初に合わせたウェディングドレスが少しきついかもしれませんが、うまく調節ができれば、大丈夫です。
本当に体調次第ですが、この2ヶ月の準備期間で、質の良いおめでた婚は行うことは十分可能になります。

スケジュール的にはコミコミになる予想はありますが、結婚式場プランナーとの打ち合わせは数回です。
後はインターネットやメールを使用することで、自宅での連絡が可能ですし、新郎に動いてもらうことで、妊婦の負担も軽減できます。

結婚前に妊娠してしまったことで、結婚式そのものを諦める方も多いです。
産後とは別の感覚で、なんとか出産前にウェディングドレスを着れるのなら、気力で頑張る方も多いですが、そのくらい根性がある女性も少なくありません。

ですから、ある程度のスケジュールも難なくこなすことができ、無事におめでた婚も敢行、新婚旅行まで行っちゃった方も少なくありません。
結婚式場プランナーとしても、多くのおめでた婚を成功させてきた方の場合、なんでも安心しておまかせすることができます。
 

>>おめでた婚もオシャレな結婚式場が見つかる!!<<

↓↓おめでた婚専門スタッフが何でも相談に乗ります↓↓

 

 

 

▲TOPにもどる


おめでた婚は相談できるサイト利用からが良いかも?

おめでた婚での結婚式のスケジュールでは、最初にマタニティであっても、挙式ができるかを確認することです。
体調に合わせた臨機応変なスケジュールが組めるか、急ぎ婚となる可能性が高いですから、準備期間が十分に取れないことでの支障がないかなどを確認した上で、申込みをすることになります。

プランナーとの打ち合わせで、具体的な挙式時期にしても、
  1. 安定期が良い
  2. 安定期でも良い
  3. 安定期でなければならない
の言葉の意味合いでも、2人の意向と違う場合があります。
これは、安全を期したい結婚式場の意向も関係しますが、妊娠初期などの挙式を渋ることもあるようです。
そうしたおめでた婚ならではの結婚式の悩みなどに関しては、最初からマタニティウェディングを受け付けているところなどを探すのも一つの手です。
おめでた婚に対応できる結婚情報サイトの利用もオススメで、ハナユメサイトなどでは急ぎ婚対応している結婚式場などを探してみましょう。
ハナユメサイトでは、面談での相談にも対応しているので、具体的な悩み解決もすっきりとできます。

挙式や会場、ウェディングドレスなど選び方など、おめでた婚だからこそやらなくてはならないこともあります。
実際に、この状態にならなければ、わからないことも多いですから、万全を期すためにも、最初に相談できるサイトなどから、結婚式場を探してみるとより早く見つかり、うまくいくと言われています。

妊娠発覚からおめでた婚までは、あまり時間をかけることができないことが多いですから、準備を始めるのも早めが良いです。
 

>>おめでた婚もオシャレな結婚式場が見つかる!!<<

↓↓おめでた婚専門スタッフが何でも相談に乗ります↓↓

 

 

 

▲TOPにもどる


おめでた婚、できることとできないこと

おめでた婚の場合、結婚式で可能なことと不可能なことをはっきりと告げることが大切です。
予め階段が多い会場、ウェディングドレスになったときのヒールの高さ、食べ物などで口にできないものなどを伝えておくと良いかもしれません。
ただ、食べ物に関しては、結婚式当日に好みが変わることもあり、新婦だけの特別料理が可能なのかも確認しましょう。

会場に関しては、動くことを前提とした演出などは安定期だとしてもおめでた婚ではしない方が良いです。
また、準備にしても会場に任す事ができるものは、最初から依頼することも前提に考えましょう。
かと言って、あれもダメこれもダメという内容では、せっかくの結婚式も台無しになってしまいます。

おめでた婚の時期が安定期が良いと言うのは、その時になると母体が落ち着いていることが多いためです。
妊娠初期や臨月になると、体調が不安定になってしまうことが多いですから多くの制限が出てしまいます。

ですから、おめでた婚の打ち合わせのときには、挙式決定のタイミングを図るのが大変になります。
本人だけではなく、医師の判断などを総合的に考える事も必要で、臨機応変な対応ができるところが理想です。

マタニティウェディングとして、最初からプランになっているところですと、過去の事例などを参考に体に負担をかけない挙式を企画してくれるところもあります。一度相談をしてみると良いかもしれません。
 

>>おめでた婚もオシャレな結婚式場が見つかる!!<<

↓↓おめでた婚専門スタッフが何でも相談に乗ります↓↓

 

 

▲TOPにもどる


おめでた婚の危機、そんな備えも必要

おめでた婚の準備期間で体調が悪いときには、無理をしないことです。
最低限のおめでた婚しかできない場合もあります。
妊娠初期には切迫流産などの危機もあり、思うように計画が進まないこともありますが、そのようなときには、産後の結婚式も計画をしましょう。
過密スケジュールにしてしまうことで、万全な体調ではないとき、新郎だけでは対処が困難な場合など、その時に応じた結婚式を考えることができます。

打ち合わせから1ヶ月程度で行うフォトウェディング。
これは、写真と食事会を兼ねた両家の顔合わせ的なものですが、ブロのカメラマンによる写真撮影が期待できます。
招待状を送る、ゲストを大勢呼ぶ結婚式を大々的に計画をする前に、結婚式の内容は良く考えることが必要でしょう。

おめでた婚として、数ヶ月の準備期間で結婚式を挙げる。
今は結婚式はしないで、出産した後に、ゆっくりと赤ちゃん参加での結婚式を行う。
どちらもおめでた婚には変わりがないことです。

妊娠がわかってからのおめでた婚に入る前に、体調との相談。
結婚式の計画が始まってからの体調変化によってスケジュールは大きく変わりますが、何よりも赤ちゃんとママの体が第一です。
結婚式はあとからでも良い、そう考えることも大切なのです。

▲TOPにもどる

>>おめでた婚もオシャレな結婚式場が見つかる!!<<

↓↓おめでた婚専門スタッフが何でも相談に乗ります↓↓