妊娠がわかり両親に報告、結婚式場探し、打ち合わせまでで2ヶ月程度ですと、妊娠4ヶ月から6ヶ月。ウェディングドレスが少しきついかもしれませんが、うまく調節ができれば大丈夫です。この2ヶ月の準備期間で、質の良いおめでた婚を行うことは十分可能です

おめでた婚 スケジュール

>>時間が限られてるおめでた婚ならハナユメが最適<<

↓↓↓多くおめでた婚カップルが利用中!!↓↓↓

おめでた婚に至るまでのスケジュール

2017年01月11日 11時09分

おめでた婚に至るまでのスケジュール

彼女・婚約者のそれぞれケース
  • 彼女の妊娠
  • 婚約者の妊娠
この差は何でしょう?

答えは、女性側の事情です。

付き合っている彼女が妊娠した場合は、男性にとっては、身体的なものではなく、精神的な苦痛の一つとして責任感が重くのしかかってきます。
結婚の意思があるかどうかによって、その先の対応は変わりますが、少なくとも将来結婚したいと思っていた彼女の妊娠の場合は、結婚に向けてのスケジュールを組まなくてはなりません。

一方、婚約者の妊娠の場合は、じゃ結婚式はどうする?と具体的なスケジュールから始めます。
もう既に結婚式場も予約していたり、両方の親にとっては、結婚することは決まっていますから、結婚式を早めようか、計画通りに進めようかと話し合いは至って穏やかに進められていきます。
もし、挙式予定日の新婦の体型や体調で心配なら、結婚式を早めておめでた婚、これで解決することでしょう。

彼女の妊娠は、まず女性側の両親に挨拶に行くことになります。
準備をすることは何もありません。
結婚の意思を伝えるとともに、家族の承諾を得ることが必要です。
男性側の親も同様で、妊娠した女性ばかりが被害者となるわけにはいかないのです。
お互いの親が知らなかった彼氏彼女の場合は、余計に慎重に話し合いを勧めていくことになります。

子供ができたから結婚をする。
確かに大義名分としては責任感のある素晴らしい発言ですが、それは2人の意思が確固たるものでなければなりません。
2人の意思が通じて、結婚が認められれば、改めて婚約になります。
そこまでが大変ですが、誠意のある挨拶を行うことが大切です。

親が認めたのなら、今度は結婚式の相談です。
おめでた婚として、皆さんに祝福してもらえるよう計画を進めていくことになります。

>>時間が限られてるおめでた婚ならハナユメが最適<<

↓↓↓多くおめでた婚カップルが利用中!!↓↓↓