妊娠がわかり両親に報告、結婚式場探し、打ち合わせまでで2ヶ月程度ですと、妊娠4ヶ月から6ヶ月。ウェディングドレスが少しきついかもしれませんが、うまく調節ができれば大丈夫です。この2ヶ月の準備期間で、質の良いおめでた婚を行うことは十分可能です

おめでた婚 スケジュール

>>時間が限られてるおめでた婚ならハナユメが最適<<

↓↓↓多くおめでた婚カップルが利用中!!↓↓↓

本当のおめでとうを言われるために

2017年01月18日 20時37分

本当のおめでとうを言われるために

おめでた婚のスケジュールの中で、カップルがお互いを思いやる気持ちが大切です。
マリッジブルーという言葉がありますが、結婚前の最高の幸せの時に、いろいろと不安定になってしまうことを言います。
妊娠している新婦は特に、肉体的にも不安定さか続きます。
それをわかってもらうことが大切です。
できないことはできないということも一つの手ですが、言い過ぎない、し過ぎない、無理をしない事も大切なのです。

新郎にしてみても、どうしていいか分からないで混乱してしまうことも多いです。
そうした新郎の心情も組むことで、私の体調ばかり考えなさいと言うのは間違ったことです。
どうしても体調がうまく行かないときには、結婚式中止の決断も必要なことですし、医師や両親の忠告を守る態度なども必要になります。

しかし、おめでた婚でも、本当に幸せなカップルも多いです。
安定期に入って、少しお腹が目立つウェディングドレスというのも微笑ましい光景です。
どんな形であれ、結婚式は自分たちだけではなくまわりのすべての人をハッピーにすることができるイベントです。

披露宴での赤ちゃんの存在は、それだけで大拍手ですし、感動的な挙式は憧れの的です。
両親への花束贈呈は、感激の涙ですし、笑いありの披露宴はどんなカップルにとってもかけがいのない思い出になります。
そこに赤ちゃんの存在があるだけで、まあ幸せだからいいかっということになります。

おめでた婚のスケジュールは何かと忙しいですが、マリッジブルーになったとしても、それはそれで、信頼できる方に相談をしながら、とにかく当日を迎えましょう。
いろいろあったけれど、良かったねと言える結婚生活ができるよう頑張りすぎずに頑張りましょう。

>>時間が限られてるおめでた婚ならハナユメが最適<<

↓↓↓多くおめでた婚カップルが利用中!!↓↓↓