妊娠がわかり両親に報告、結婚式場探し、打ち合わせまでで2ヶ月程度ですと、妊娠4ヶ月から6ヶ月。ウェディングドレスが少しきついかもしれませんが、うまく調節ができれば大丈夫です。この2ヶ月の準備期間で、質の良いおめでた婚を行うことは十分可能です

おめでた婚 スケジュール

>>時間が限られてるおめでた婚ならハナユメが最適<<

↓↓↓多くおめでた婚カップルが利用中!!↓↓↓

キャンセル?変更?準備が始まっている時の対応

2017年01月18日 20時36分

キャンセル?変更?準備が始まっている時の対応

おめでた婚は、いろいろと障害が出るのは仕方の無いことです。
大切なのは事故が無い様に結婚式を成功させることです。
妊婦の体調については、絶対の保証はなく、体への負担を軽減するため、本来したいこともできない結婚式になってしまうことは承知しましょう。

それでも、妊娠したといっても、普段の生活を難なくこなす方は多いです。
現に臨月まで働く方も多い世の中ですから、自分のための結婚式に対しても結婚式場に言われたスケジュールを計画通りに行うことも可能です。

時期の問題ですが、当初から2カ月先に結婚式という場合には、ウェディングドレスの調整程度で支障は無いでしょう。
極端なつわりの症状がなければ、披露宴も大丈夫ですが、微妙な時に結婚式の予約をした場合、ときにはキャンセルしなくてはならない場合も出てきます。

マタニティ用のウェディングドレスでも良いから、予約通りに行う場合もありますが、もし臨月に差し掛かったときには、結婚式場からのNGがかかることもあります。
これは、無事故のためのものです。
ですから、結婚式を挙げるタイミングについては、大幅スケジュールの変更を余儀なくされることも多いです。

本当は、大人数の披露宴の予定があったとしても、招待状などを送付していない場合には、急遽親戚のみの少人数ウェディングに変更することも可能です。
どうしても披露宴をしたい場合には、1年伸ばして、出産後の結婚式もありでしょう。

いずれにしても、妊娠がわかって、既に結婚式場の準備にかかっているときには、予定変更かキャンセル、その決定も考えなければなりません。
また、違う結婚式の形などの提案などもあります。
少人数ウェディングの場合は、結婚式場で空いていれば1ヶ月程度出挙式をすることも可能です。
ですから、妊娠したから結婚式はできないことはないですが、予定通りできるかはタイミングと体調と関係がおおいにあることです。

>>時間が限られてるおめでた婚ならハナユメが最適<<

↓↓↓多くおめでた婚カップルが利用中!!↓↓↓